面接攻略マニュアル

身だしなみのアドバイス

書類選考に通ったらいよいよ面接です。面接で緊張しない人はいません。しかし心構えをしっかりすることで有利に進めることができます。面接官に与える第一印象は後々まで影響するほど大事なもの。
まずは気を付けるべき服装のマナーからチェックしましょう。

面接での服装

01清潔感のある服装をこころがける
もしあなたが面接官をやっているとして、不潔な人やだらしない格好の人が面接に来たらどうでしょうか。
すべてを服装で判断するわけではありませんが、 面接という場においては節度と良識のある格好が大前提です。シャツに皺はないか、シワシワのシャツを着ていないか、ストッキングは伝染していないか、スーツにシミはないかしっかりチェックしましょう。
02派手になりすぎないよう気を付ける
気を付けたいのが、気を遣い過ぎた結果、派手になってしまっていないかということです。
アクセサリーなどをジャラジャラと付けたり、派手なアイメイクなどは印象も悪くなります。
あくまでビジネスの場に適しているかを確認しましょう。
03広い世代の方に好感を持ってもらえるような恰好を
面接官を担当される方は、大体がある程度の地位の方であることが殆どで、年配の男性の場合もありますし、経験を積まれた女性のことも多くあります。
どの世代にも好印象を与えるような服装にしましょう。

好印象を与える5つのポイント

何よりも大事なのは第一印象、相手に「この方と一緒に働きたいな。」と思わせればよい結果に結びつきます。どのようなことに気を付けるべきでしょうか?

Point 1時間に余裕をもって現地に到着する。
Point 2挨拶はしっかりと。適度な大きさの声ではきはきとしゃべる。
Point 3笑顔を心がける。
Point 4質問を受ける時、自分が答える時も相手の目を見る。
Point 5イスに深く座りすぎず、背筋を伸ばして座る。

あなたの転職を親身になってサポートいたします。

まずはカンタン無料登録